Q.01 KF試薬を購入したい
A.01 カールフィッシャー試薬のご用命や、価格・納期のお問い合わせは全国の試薬取扱代理店にて承ります。代理店リンクのページでご案内しています。

BACK

Q.02 KF試薬の安全性データシート(SDS)を入手したい
A.02 SDSはこのサイトで配付しています。ご登録いただくと、SDSのページでダウンロード可能になります。

BACK

Q.03 KF試薬の試験報告書(COA)を入手したい
A.03 試験報告書はこのサイトで配付しています。試験報告書(COA)のページよりダウンロードできます。

BACK

Q.04 KF試薬の保証期間は?
A.04 保証期間は、未開封の状態で製造より下記の通りです。実際には、電量滴定法の試薬および容量滴定法の滴定剤と脱水溶剤についてはこの期間を超えても使用には差し支えません。
電量滴定法の試薬陽極液・陰極液・電解液5年
容量滴定法の滴定剤力価 1mg, 3mg, 5mg, 10mg2年
容量滴定法の脱水溶剤各種5年
水標準試料水標準液 10mg5年
水標準液 1mg, 0.2mg, 0.1mg3年
固体水標準試料5年
関連商品標準水メタノール3年
ロット番号の見方は、アルファベットA,B,C・・・、または O,P,Q・・・の順に1,2,3・・・の製造月、数字の始めの2桁が製造年(西暦の下2桁)です。
例)D05123 の場合、2005年4月製造 となります。

BACK

Q.05 日本薬局方に対応する試薬はどれですか?
A.05 日本薬局方の記載に対し推奨するものは以下の通りです。(第16改正)
日本薬局方当社製品
電量滴定法
調製法2アクアミクロン®AX
アクアミクロン®CXU
容量滴定法
試液 調製法2アクアミクロン®滴定剤SS-Z
試液 調製法1アクアミクロン®滴定剤SS
水・メタノール標準液アクアミクロン®標準水メタノール
KF用メタノールアクアミクロン®脱水溶剤ML、GEX、MS
メタノール:ホルムアミド(1:2)アクアミクロン®脱水溶剤SU(またはFM)
メタノール:ホルムアミド(2:1)アクアミクロン®脱水溶剤ML+SU(またはFM)
(ML:SU=0.95:1で混合)
メタノール:エチレングリコール(1:1)アクアミクロン®脱水溶剤ME
KF用クロロホルム(該当製品なし)

BACK

Q.06 ピリジン系試薬の販売は今後も継続されますか?
A.06 ピリジンタイプのアクアミクロン®滴定剤SS各種、および同シリーズの脱水溶剤につきましても現在のところ製造中止の予定はなく、当面は販売を継続いたします。
*一部のお客様および代理店様に、脱水溶剤PEの販売中止の可否についてお伺いしておりましたが、これまで通り販売を継続することにいたしました。

BACK

Q.07 糖類用の脱水溶剤で無水化がなかなかできない場合は?
A.07 糖類用の脱水溶剤SU,FMをご使用の際、無水化が終了しにくい場合があります。原因は、溶媒の1つであるホルムアミドの一部が分解してアンモニアを生成しているものと推測しています。そのため、下記の手順での対処をお勧めしています。
対処法1:サリチル酸の添加
・糖類用脱水溶剤50mlに対し、サリチル酸(別名:2-ヒドロキシ安息香酸)を3g添加して用います。添加後は長期保管せず、測定の直前に添加してご使用ください。
対処法2:水の添加(サリチル酸がお手元にない場合に)
・糖類用脱水溶剤50mlに水を10~20μl添加して無水化をします。添加しないで無水化が終了した場合も、はじめのうちは測定値が低いことがありますので、水5~10μlの測定を行い回収率が一定になることの確認をおすすめします。

BACK

Q.08 KF試薬の廃棄方法は?
A.08 各自治体の条例に従ってください。
都道府県知事などの許可を受けた産業廃棄物処理業者、もしくは地方公共団体がその処理を行っている場合には、そこに委託して処理してください。
 
測定後の貯留時の一般的分類
 ハロゲン系
廃溶剤
可燃性廃溶剤
(水5%以下)
電量試薬(CXU以外)と
その混合液
 
滴定剤SS-Zとその混合液
 
滴定剤SSと脱水溶剤
(OLⅡ、CM、CP)等
クロロホルムを含む試薬と
その混合液 ※
 
その他の溶剤 
※2014年11月1日の労安法および特化則改正により、クロロホルムは特化物第2類物質に追加されました。
また、作業主任者の選任、作業環境測定の実施、特殊健康診断の実施、記録の30年間保存が義務化されました。
Q.09 アクアミクロンは毒劇物に該当しますか?
A.09 アクアミクロンは毒物及び劇物取締法に非該当です。
SDS適用法令の項目を確認ください。

BACK